ホーム > BICライブラリ > イベント情報 > イベント情報のお知らせ一覧 > イベント情報のお知らせ 詳細

講演会・イベントのご報告 詳細

「コロナが早める未来の姿 その2~未来構想力の磨き方」

WEB講演会開催 第 439 回 機振協セミナー「コロナが早める未来の姿 その2~未来構想力の磨き方」のご報告
開催日時 令和3年7月29日(木)18:00~19:30
場所 WEBシステムにより開催(Zoom)
テーマ 「コロナが早める未来の姿 その2~未来構想力の磨き方」
講師 菊池 健司 氏 (株式会社日本能率協会総合研究所 エグゼクティブフェロー)
内容  7月29日(木)にWebシステムにより日本能率協会総合研究所 エグゼクティブフェロー 菊池健司氏を講師として、第439回機振協セミナー「コロナが早める未来の姿その2 ~未来構想力の磨き方」を開催致しました。当日は、全体で42名の皆様にオンラインによるご参加を頂きました。ご参加頂いた皆様には、厚く御礼申し上げます。また、今回の講演会の開催にあたっては、一般社団法人日本機械工業連合会様の後援を賜りました。重ねて御礼申し上げます。


【講演内容】

 本セミナーは、コロナ後の世界を見据えた「未来構想力の磨き方」を3つの章立てでお話しいただきました。
 まず、「(1)最新ビジネス調査トレンドとその背景」では、日本能率協会総合研究所に寄せられる調査案件から現在の注目トピックや2030年に向けてのビジネスキーワードの紹介がありました。次に、「(2)未来探索において重要な考え方」では、国家ビジョンや雑誌特集記事などの見るべき情報源と、それら情報の活用観点を解説されました。定点観測をし自らの思考軸を持つこと、業界におけるキーパーソンを知ること、大きな方向性に個々の事象をつなげて考えること、多岐にわたる情報群から何を選びどう考えるかが今後重要となると述べられました。最後に「(3)未来を想起する上で知っておきたい参考情報源」では具体的な書籍やウェブサイトを挙げていただきました。
 「2021年度は、歴史に残るリセットイヤーになる」とし、すでに起きている経営改革や業界再編のお話から、リセット後の糸口が見えてきました。未来の可能性を妄想すること、テクノロジーで幸せを得ることなど明るいまとめとなりました。


※参加申込みいただいた方へ、アーカイブ配信をご案内しております。8月2日にメールにてお送りし ましたが、未着の場合はお知らせください。