ホーム > 経済研究所 > 研究員紹介 > 加藤 秋人

研究員詳細

リサーチアシスタント

加藤 秋人(カトウ アキト / KATO Akito)

略歴

平成25年 成蹊大学経済学部卒業
平成27年 東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了
現在 東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程 在学中

経済研究所入所年 平成28年

所属学会

日本地理学会、経済地理学会、日本地域経済学会

研究領域

経済地理学、産業集積論

最新業績

2019年08月01日 コラム・その他 PDF 【レポート】介護・福祉機器の開発と普及段階における課題―大田区における服薬支援ロボットを事例として―
2019年07月10日 コラム・その他 PDF 【調査研究報告書のご紹介】『航空機産業クラスター形成と地域中小企業の発展戦略』より新潟の取組みに関して(2章4節1項)
2019年06月21日 コラム・その他 PDF 【レポート】ユーザーニーズを実現する創意工夫の食品加工機器開発―中井機械工業(株)のホットミックス&ホイップセンサーを事例として―
2019年03月31日 報告書 航空機産業クラスター形成と地域中小企業の発展戦略
2019年03月31日 報告書 RT及びICTを活用したヘルスケア産業の成長課題―介護ロボットの導入状況と現場ニーズに関する調査に基づいて―

主要業績

■ 論文

2018年12月     加藤秋人(2018):産業集積地域におけるネットワーク化を通じた企業間連携に関する研究動向と一考察,『機械経済研究』(一般財団法人機械振興協会経済研究所)49:33-49.
2017年12月     加藤秋人(2017):中小企業のネットワーク化を通じた航空機産業クラスターの展開―神戸航空機クラスター研究会を事例として―,『機械経済研究』(一般財団法人機械振興協会経済研究所)48:41-53.

■ 学会発表

2018年9月     加藤秋人,中小企業のネットワーク化を通じた航空機産業クラスターの展開―神戸航空機クラスター研究会を事例として―」,『日本地理学会2018年秋季学術大会』,産業経済の地理学研究グループ,和歌山大学.
2017年4月     KATO, A. 2017. The Change of Inter-firm Relationship and SMEs management in the Large Industrial Agglomerations: Case Study of Ota Ward, Tokyo. 2017 American Association of Geographers' Annual Meeting, Boston, US.
2016年10月     加藤秋人・瀬川直樹,「東京都大田区の産業集積における中小企業経営の質的変化」,『日本地域経済学会第7回関東支部研究会』,No.4,駒澤大学.
2015年8月     KATO, A. 2015. The Role of SMEs Network in the Prototype Production: Case Study of “KYOTO SHISAKU”. The IGU Regional Conference 2015, Moscow, Russia.
2015年4月     加藤秋人,「産業集積地域における試作関連ネットワークの存立基盤―京都・諏訪・四日市を事例として―」,『経済地理学会2015年関東支部4月例会』,明治大学.
2015年3月     加藤秋人,「京都地域における試作関連ネットワークによる試作品生産の現状と可能性」,『日本地理学会2015年春季学術大会』,No.704,日本大学.
2014年3月     加藤秋人,「神奈川県における中小企業による試作品生産の現状と可能性」.『日本地理学会2014年春季学術大会』,国士舘大学,2014年3月27日.

■ 書籍(共訳)

2014年2月     青山裕子・マーフィー,J.T.・ハンソン,S.(著),小田宏信・加藤秋人・遠藤貴美子・小室 譲(訳)『経済地理学キーコンセプト』,古今書院.Aoyama, Y., Murphy, J.T., Hanson, S. (2011) : Key Concepts in Economic Geography, London: SAGE. 訳出分担:1章(序文,1節),2章,3章,4章(序文,1~2節).

■ 書籍(執筆協力)

2018年5月     結城智里(監修)『企業不祥事辞典II―ケーススタディ2007-2017―』,日外アソシエーツ.

■ 報告書

2016年4月     加藤秋人,東京都大田区における産業集積の構造変容,『広域関東圏における主要産業集積地域の構造変化と将来の発展方向に関する調査研究報告書』,一般財団法人日本立地センター,pp.55-114.
2014年3月     加藤秋人,諏訪圏における試作機能の現状と課題,『地域と産業活性化調査研究報告書』,日本立地センター,pp.83-109.

研究所内での活動

■ 報告書

2018年3月     『中小企業の外部連携活動による成長市場戦略―航空機部品及びヘルスケア関連機器などを中心に―』,(一財)機械振興協会 経済研究所.執筆担当:第1章第1節「航空機産業の市場動向と日本の産業政策」,第2章「航空機産業振興における地域の取り組みと中小企業の外部連携活動」.
2018年3月     「将来型モビリティ」創造に向けた価値構築』,(一財)機械振興協会 経済研究所.執筆担当:第2章第2節「富山県富山市×(株)まちづくりとやまの取り組み」,第4章第5節「株式会社ニコ・ドライブ(神奈川県川崎市)の取り組み」および一部図表作成.
2017年12月     『日本の機械産業2017―AIの急速な普及時代における日本のモノづくり―』(一財)機械振興協会 経済研究所.執筆担当:第1章第2節,同章「機械情報産業トピックス」,第2章第6節,第3章第2節,第4章第3節,第5章第2節.
2017年3月     『中小企業の基盤技術を活用したスマート農業の推進―スマート農業の取り組み状況と中小企業の可能性―』,(一財)機械振興協会 経済研究所.
2017年3月     『将来型モビリティの新市場展開―その現状と今後に向けた課題―』,(一財)機械振興協会 経済研究所.
2016年12月     『日本の機械産業2016―日本版Industry4.0に向けて模索する日本のモノづくり―』(一財)機械振興協会 経済研究所.執筆担当:第1章第2節,同章「機械情報産業トピックス」,第2章第6節,第3章第4節,第5章第2節.

■ レポート

2018年12月     「利用者のニーズに即した介護福祉機器開発―大田区における介護サービスとモノづくりの融合―」,『機械情報産業カレント分析レポート』No.122.
2018年7月     「中小企業の海外生産を可能にするMRSとICTの活用―(株)兵庫精密工業所の知恵とアイデアに学ぶ―」,『機械情報産業カレント分析レポート』No.120.
2018年4月     「国内航空機産業の概況に関する最新報告―第2回名古屋航空・宇宙機器開発展の話題から―」,『機械情報産業カレント分析レポート』No.119.
2018年2月     「下肢障害者のモビリティ向上に資する運転補助器具開発―(株)ニコ・ドライブの取り組みに見る可能性と制度的課題―」,『機械情報産業カレント分析レポート』No.118.
2017年5月     「国内航空機産業の現状と可能性―MRJ開発と国内集積地における航空機クラスターの動向―」,『機械情報産業カレント分析レポート』No.116.

■ 雑誌記事

2018年7月     加藤秋人(2018):航空機クラスターの展開と中小企業のビジネスチャンス,『アクセス埼玉』(2018年7月号)pp.1-6.