ホーム > 経済研究所 > 研究員紹介 > 山本 匡毅

研究員詳細

特任フェロー

山本 匡毅(ヤマモト マサキ / YAMAMOTO Masaki)

略歴

【学歴】
1999年3月 神奈川大学法学部自治行政学科卒業
2002年3月 中央大学大学院経済学研究科経済学専攻博士前期課程修了 修士(経済学)取得
2005年3月 中央大学大学院経済学研究科経済学専攻博士後期課程修了 博士(経済学)取得

【職歴】
2005年4月~2006年3月 那須大学都市経済学部非常勤講師
2006年4月~2012年3月 宇都宮共和大学シティライフ学部非常勤講師(兼職)
2006年9月~2008年3月 財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構地域政策研究所主任研究員
2008年4月~2009年9月 財団法人福岡アジア都市研究所研究主査
2009年10月~2013年3月 財団法人機械振興協会経済研究所研究員
2013年4月~2017年3月 国立大学法人山形大学人文学部法経政策学科准教授
2017年4月~2021年3月 相模女子大学人間社会学部社会マネジメント学科准教授
2017年4月~2020年3月 国立大学法人山形大学学術研究院特任教授(兼職)
2020年4月~現在に至る 国立大学法人山形大学工学部客員教授(兼職)
2021年4月~現在に至る 公立大学法人高崎経済大学地域政策学部教授

所属学会

経済地理学会、産業学会、日本地理学会、地域デザイン学会、関東都市学会

研究領域

経済地理学、地域政策論、産業論

最新業績

2021年08月31日 コラム・その他 PDF 【小論文】「大学発ものづくり企業の発展プロセス ―関東学院と関東化成工業を事例として―」
2021年03月31日 報告書 産業集積の再活性化に向けた地域産業振興の課題 -コロナ・インパクトを超えて-
2020年03月09日 コラム・その他 【コラム】「地方中小企業の持続性」
2019年12月31日 報告書 日本の機械産業2019―米中貿易摩擦の中で耐えしのぐ日本のモノづくり―
2019年10月11日 コラム・その他 PDF 【小論文】日本における航空機部品産業の事業環境とグローバル競争

主要業績

■ 論文・著書

2019年8月     「イノベーション都市川崎の産業展開」(共著)『E-journal-GEO』14巻2号、pp.341-344
2019年3月     「非大都市圏における航空機産業の立地と再編―山形県を事例として―」『産業学会研究年報』第34号、pp.33-48
2019年2月     山﨑朗編著『地域産業のイノベーションシステム』(共著)学芸出版社
2018年3月     「民間航空機の生産立地と航空機産業集積の空間的拡大―中部地域を事例として―」『産業学会研究年報』第33号、pp.21-37
2016年10月     「東北における次世代産業としての医療機器産業の将来」『東北活性化研』第25号、pp.16-21
2016年10月     藤塚吉浩・高柳長直編『図説 日本の都市問題』(共著)古今書院
2016年3月     「民間航空機産業の取引変化とクラスター形成―中部圏を事例として―」『産業学会研究年報』第31号、pp.55-65
2016年3月     山﨑朗・杉浦勝章・山本匡毅・豆本一茂・田村大樹・岡部遊志『地域政策』(共著)中央経済社

■ 研究会・イベント

    
2018年11月29日     「超高齢社会における健康・福祉機器を軸にした地域活性化」機械情報産業講演会in富山(機械振興協会経済研究所主催)講演会講師
2018年10月20日     「自動車産業を含む成長産業の動向と地域の産業振興」平成30年度秋栄祭内部祭(山形職業能力開発専門校主催)講師
2018年2月20日     「企業連携による発展可能性の拡大」村山インダストリー倶楽部「企業グループ構築に向けた競争力強化」勉強会(山形県村山総合支庁主催)講師
2017年10月18日     「最近の航空機・同部品産業の動向と沖縄県の可能性」機械情報産業講演会in沖縄(機械振興協会経済研究所主催)講演会講師
2017年7月18日     「日本における航空機産業の動向―調達方針と新規参入―」成長産業(航空機産業)参入支援セミナー(わかやま産業振興財団主催)講師
2017年5月23日     「日本の航空機産業:調達の実態と新規参入の可能性」福島空港エリア航空機産業研究会第3回研究会講師

■ 対外活動など

2016年6月30日     「日本経済新聞」東北版「山形の医療機器産業振興」(インタビュー記事)