ホーム > 技術研究所 > 講演会・セミナー > 講演会・セミナーのお知らせ 一覧 > 講演会・セミナーのお知らせ 詳細

講演会・セミナーのお知らせ 詳細

「第24回テクノフォーラム 農工連携の新たな潮流“つなぐ”を価値に」を延期させて頂きたくことになりました。

開催日時 【延期になりました】令和2年3月9日(月) 13:00~17:30(12:30受付開始)
場所 機械振興会館 6D-1~3 会議室(東京都港区芝公園3-5-8)
イベント名 第24回テクノフォーラム 農工連携の新たな潮流“つなぐ”を価値に
講師 農林水産省、㈱SenSprout 一ツ木 崇之、㈱エムスクエア・ラボ 加藤 百合子
内容

【主 催】一般財団法人 機械振興協会 技術研究所


【後 援】農林水産省 「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会,

     (公社)日本技術士会,(一社)日本機械学会,

     (公財)東京都農林水産振興財団,(公財)東京都中小企業振興公社※,

     (特非)日本プロジェクトマネジメント協会

     ※依頼中


 スマート農業が提唱され、農業の自動化やIoT化などが推進されています。ただ、鍵になるのは、設備投資に対する省力化効果、それに対する生産性や品質の向上、さらには顧客や仕入先を含めた良い仕事の流れがつくれるかなど、農業生産者の経営ファーストの価値創造です。そこで、IoTによる“つなぐ”を前提として、その先の価値創造のためのヒントを議論します。

 本フォーラムでは、「農工連携の新たな潮流“つなぐ”を価値に」と題して、基調講演及び関連講演を行います。パネル討論では、講演をもとに会場からの質疑に対して議論します。また、会場後方で、関連展示も行います。

 当協会では、農業と機械産業の橋渡し役となるコンシューマーアグリ研究会を発足させ、機械産業で培った生産技術・IoTを農業へ適用する農工連携事業を実施中です。実際に、機械産業の技術を活用した農作物生産管理システムを開発し、大手農業生産者様が導入して生産効率の向上に成功しました。展示では、本生産管理システムのほか、本研究会メンバの製品も展示します。フォーラムが、農業分野への進出を目指す機械産業・製造業に有益となれば幸いです。

 お誘い合わせで、ご参加をお待ちしております。


【テクノフォーラムプログラム】


12:30~開場(受付開始、コンシューマーアグリ研究会のデモ見学可)
【 イントロダクトリ 】
13:00~13:20主催者挨拶・本テクノフォーラムの目的・概要説明

(一財)機械振興協会 副会長 技術研究所長
後藤 芳一

【 基調講演 】
13:20~13:50ロボット・ICTが拓くスマート農業の未来

農林水産省 大臣官房政策課 技術政策室 課長補佐
伊藤 圭

【農工連携の新たな潮流】
13:50~14:10SenSprout 潅水制御システムと水分センサ
~ハウス栽培における生産性の向上について~

株式会社SenSprout 営業部 マネージャー
一ツ木 崇之

14:10~14:40農業の複雑に絡み合った課題解決に挑む!
~川上から川下までの全体最適化に向けたデザインの重要性~

株式会社エムスクエア・ラボ 代表取締役
加藤 百合子

14:40~15:00休憩
【パネルディスカッション】
15:00~16:30(パネラー)

農林水産省 大臣官房政策課 技術政策室 課長補佐 伊藤 圭

株式会社SenSprout 営業部 マネージャー 一ツ木 崇之

株式会社エムスクエア・ラボ 代表取締役 加藤 百合子

(一財)機械振興協会 技術研究所次長 木村 利明


(モデレータ)

(一財) 機械振興協会 副会長 技術研究所長
後藤 芳一

16:30~16:35閉会挨拶

(一財) 機械振興協会 副会長
櫻井 和人

16:35~17:30名刺交換会・展示物見学
17:30閉場

※内容・講師等の変更がある場合もございますので予めご了承をお願い申し上げます。



定員 60名
参加費 無料
申し込み方法

下記から参加お申込みください。

申し込み先

↓こちらから参加お申込みください。

https://fs219.xbit.jp/m674/form2/

申込書1(Word)
申込書2(PDF)
お問い合わせ (一財)機械振興協会 技術研究所
企画管理室 松丸
TEL:042-475-1155
E-Mail: