ホーム > 技術研究所 > 受託業務

受託業務

工作機械の位置決め精度検査

工作機械は様々な製造現場で使用されていますが、現在使われている工作機械の状態をご存知でしょうか。工作機械の性能は時間、設置環境、使用状況により変化することが知られています。そういった機械の状態変化は、工作機械の位置決め精度検査を行う事で、NC工作機械の両方向位置決め、繰り返し精度を知ることができます。当所で行っているこの位置決め精度検査の結果は、工作機械の輸出用データ、状態管理、保守や保全、生産計画などに役立てていただいております。

材料の機械的特性評価

ものづくりをする上で、材料の機械的特性評価は大変重要な意味を持ちます。当所では一般的な材料試験の引張・圧縮・曲げ試験や各種硬さ試験からナノ領域における機械的特性評価を実現可能なナノインデンテーション試験までを実施可能となっております。製品のコストダウンに伴う材料変更に関するご相談、不具合発生時の解決に向けたご相談、新規材料の開発時の特性値比較、現場で実施している測定とのクロスチェックなどの目的で多くの方にご利用いただいております。

長さ標準(標準尺)の校正

標準尺、バーゲージ等の校正は安定性の高いレーザ干渉測長器を用い、高精度の校正を実施しています。








終了したサービス

故障・クレーム品の解析

当所ではクレーム品の症状観察から不具合発生原因を推定し、根本の原因を調査して報告書を作成するサービスを行っております。 ※平成27年8月末終了

損傷原因解析

破断した部品などの破断面には損傷原因特有の破面形態が生じます。この破面形態にはマクロ破面と走査電子顕微鏡など高倍率の装置で観察しなければ分からないマイクロ破面があり、損傷原因解析では、これらの破面を観察し損傷の起点や進行過程および損傷原因を推定しています。 ※平成27年8月末終了