ホーム > 技術研究所 > 講演会・セミナー > 講演会・セミナーのお知らせ 一覧 > 講演会・セミナーのお知らせ 詳細

講演会・セミナーのお知らせ 詳細

【満席御礼】第21回テクノフォーラム -アグリビジネスの高付加価値化への提案-

開催日時 平成30年1月30日(火) 13:30~17:30(13:00~受付開始)
場所 機械振興会館 6D-1~3 会議室(東京都港区芝公園3-5-8)
イベント名 第21回テクノフォーラム -アグリビジネスの高付加価値化への提案-
講師 (一財) 機械振興協会 木村 利明、農林水産省 野田 幸太郎頼、東北大学大学院 仲川 清隆、㈱不二工芸製作所 前島 靖勲、㈱サラダコスモ 中田 光彦
内容

【主 催】一般財団法人 機械振興協会 技術研究所


【後 援】農林水産省 「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会


 当協会では、機械産業の生産技術・ITを農業に活用した農作物生産システムを開発して、大手農業法人に導入、葉物野菜の生産効率・販売量を向上させることに成功しました。

 農業ビジネスは、①何を作るか(商品戦略)、②どう作るか(栽培戦略)、③何時、何処で作って、誰に販売するか(製販一体化戦略)の三つの戦略が必要です。従来のIoT農業では②だけに特化している場合が多く、充分ではありません。当協会が開発したシステムは、②と③が連携する構造であるため、成果を得ております。

 本フォーラムでは、さらに①に着目し、「アグリビジネスの高付加価値化への提案」と題して、基調講演、成功事例を紹介します。パネルディスカッションでは、①~③の戦略などについて議論します。また、機械振興協会の農工連携の活動として、農業法人のニーズと機械技術のシーズを合致・実用化させる場であるコンシューマーアグリ研究会の成果を紹介します。

 本フォーラムが、高収益につながる作物をお探しの農業生産者、および新商品をお探しの量販店バイヤー、農作物生産に貢献する機械産業などに有益となれば幸いです。

 お誘い合わせで、ご参加をお待ちしております。

テクノフォーラムプログラム

13:00~開場(受付開始)
【オープニング & イントロダクトリー・トーク】
13:30~13:35主催者挨拶

(一財)機械振興協会 副会長 技術研究所 所長

後藤 芳一

13:35~13:55アグリビジネスの高付加価値化への提案

(一財)機械振興協会 技術研究所 企画管理室長

木村 利明

【 基調講演 】
13:55~14:15①(仮題) 「知」の集積と活用の場について

農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課 産学連携室 産学連携担当専門官 野田 幸太郎

14:15~14:35②食品機能成分の有効活用策の提案について

東北大学大学院 農学研究科 教授 仲川 清隆

【 成功事例 】
14:35~14:55①スプラウト(新芽)を中心とした商品開発

株式会社不二工芸製作所 取締役 研究室長 農学博士

前島 靖勲

14:55~15:15②(仮題) 機能性野菜と有機野菜の商品化

株式会社 サラダコスモ 研究開発本部研究開発部長

中田 光彦

15:15~15:35休憩
【パネルディスカッション】
15:35~16:35

パネルディスカッション
-機械技術を用いた福工連携の新しい試み-

【パネラー】

農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課 産学連携室 産学連携担当専門官 野田 幸太郎

東北大学大学院 農学研究科 教授 仲川 清隆

株式会社不二工芸製作所 取締役 研究室長 農学博士

前島 靖勲

株式会社 サラダコスモ 研究開発本部研究開発部長

中田 光彦

株式会社 オズスペック 代表取締役 津田 晴樹

(一般)機械振興協会 技術研究所 技術開発センター長

飯塚 保

【モデレータ】

(一財) 機械振興協会 副会長 技術研究所長

後藤 芳一

16:35~16:40閉会挨拶

(一財) 機械振興協会 副会長 寺田 範雄

16:40~17:30名刺交換会・展示物見学
17:30閉場

※内容・講師等の変更がある場合もございますので予めご了承をお願い申し上げます。



定員 60名
参加費 無料
申し込み方法

下記URLから参加お申込みください。

申し込み先

【満席御礼】

満席につきお申込みの受付けは終了しました。

ありがとうございました。

申込書1(Word)
申込書2(PDF)
お問い合わせ (一財)機械振興協会 技術研究所
企画管理室 木村 利明
TEL:042-475-1155
E-Mail: