ホーム > 技術研究所 > 機械振興賞

機械振興賞

表彰式
表彰楯

本制度は、我が国機械工業における技術開発の一層の促進を図るため、優秀な研究開発およびその成果の実用化によって、機械工業技術の進歩・発展に著しく寄与したと認められる企業・大学・研究機関および研究開発担当者を表彰することにより、我が国機械工業の振興に資することを目的としています。

現在の「機械振興賞」制度は、中小企業の技術開発水準の向上に鑑み、旧「機械振興協会賞」(昭和41年度~平成14年度実施)および旧「中堅・中小企業新機械開発賞」(昭和45年度~平成14年度実施)を整理統合して平成15年に創設されました。なお本制度の運営にあたっては、特に、中小企業分野における機械工業技術の進歩・発展が促進されるよう配慮しております。

本制度では「機械振興協会会長賞」「審査委員長特別賞(小規模事業者の方の業績を対象:平成26年度創設)」が授与されるほか、特に優秀と認められる業績に対して「経済産業大臣賞」「中小企業庁長官賞」の授与を申請します。また研究開発担当者に対して当協会より賞金を贈呈します。(経済産業大臣賞:80万円、中小企業庁長官賞:50万円、機械振興協会会長賞:30万円、審査委員長特別賞:20万円)

本制度は、経済産業省中小企業庁中小企業基盤整備機構日本政策投資銀行日本政策金融公庫東京中小企業投資育成名古屋中小企業投資育成大阪中小企業投資育成日本商工会議所全国商工会連合会全国中小企業団体中央会発明協会JKA日本機械工業連合会日本技術士会中小企業診断協会日本経済新聞社日刊工業新聞社の後援のもと実施しております。

第54回(2019度)受賞候補者募集のお知らせ(準備中)


第53回(平成30年度)受賞候補者募集のお知らせ(終了)



※新機械振興賞は平成30年度より名称を機械振興賞とし、開催回数も機械振興協会賞(第1〜第37回)と新機械振興賞(第1〜第15回)の回数を引き継ぐことになりました。


お問い合せ先

    担当部署:産学官連携センター(東久留米) 連携業務課
    担当者:畠山 実
    TEL:042-475-1168
    FAX:042-474-1980
    e-mail